HOME
園の紹介
年間行事
今月の予定
特別保育事業
子育て支援センター
学童保育
求人情報

社会福祉法人 愛孝会

姉妹園
松ヶ丘保育園
豊浦さくら保育園
多賀さくら保育園



10月の行事予定

12日(火) 移動図書館「たかすず号」【返却日11月8日(月)】
  14日(木) 健康診断(午後1時〜)  
15日(金) 愛のお弁当日/身体測定
19日(火) 音楽教室(ドリーム・ビー)ばら・つき・ほし組 ※8月19日より延期
20日(水) 尿検査(ばら・つき・ほし組)
26日(火) 誕生会
27日(木) 芋掘り(つき・ほし組) ※雨天順延
  <11月の主な行事>
・11日(木)歯科検診(午後1時〜)
・19日(火)音楽教室(ドリーム・ビー)ほし・つき・ばら組
※今年度の親子遠足は、秋に予定しておりましたが、密を避けての実施が難しい事から中止とさせていただきます。感染拡大防止のためご了承下さい。
 

  ★体育教室(ほし・つき組) 5日(火)・26日(火)  
  ★英会話教室(ほし・つき・ばら組) 4日(月)・18日(月)  
  ★パソコン教室(ほし組) 1日(金)・22日(金)  
  ★午睡用布団日光消毒  
  ☆ベビーキッズ(月)  
☆キッズランド(火)
  ☆プレイルーム(水・金)  
  ☆うきうきランド(木)  

今月の目標

【あいさつは おおきなこえで 気持ちよく】

行事報告

  <もも組>(2歳児)
 何事にも興味津々で、カードあそびや形合わせなど新しい活動に積極的に取り組んでいます。友達との遊びを楽しめるようになり、隣に並んで絵本を見たり、一緒にブロックでケーキやおうちを作る姿が見受けられます。会話も上手になり、大人のような発言も飛び出す事があるので、驚いたり、時には笑ってしまう事もあります。今は運動会の行進やかけっこの練習が大好きで、一生懸命取り組んでいます。これからも子ども達の意欲を大切に、自分の力でできる事をどんどん増やせるよう支援していきたいと思います。
 
 
  <たんぽぽ組>(1歳児)
 4月には不安や戸惑いがみられた子ども達ですが、今は元気いっぱいに笑顔で過ごしています。体育ローテーションやかけっこなど体を動かす事が大好きで、走る姿も力強くなってきました。友達との関わりも見られるようになり、一緒に手をつないだり頭をなでたりする様子にほっこりします。日課活動や指先を使った活動にも積極的に参加しており、これからの成長がとても楽しみです。子ども達に寄り添い、見守りながら、楽しく過ごしていきたいと思います。10月から給食後に歯磨きを行いますので、歯ブラシに消えないように名前を明記し、8日(金)までにコップ袋に入れて持たせて下さい。(園で保管・毎月月末持ち帰り)
 
 
  <ひよこ組>(0歳児)
 3名からスタートしたひよこ組も、今では19名となり、賑やかになってきました。子ども達が安全に過ごせるよう環境を整え、楽しい遊びや活動を取り入れ、子ども達一人ひとりの成長を見守っています。保育者の声に嬉しそうに皆で集まり、歌や絵本を楽しむ姿がみられ、とても可愛いらしいです。月齢の低い子も手足をパタパタと動かし、元気に過ごしています。残りの半年も充実した日々となるよう、子ども達の成長を楽しみに過ごしていきたいと思います。よろしくお願いします。
 
 
  8月6日(金)お楽しみ会
 昨年に引き続き、夏まつり会・お泊り保育に変わって全園児対象とした「お楽しみ会」が行われました。今年はおみこしを担いだり、盆踊り やゲーム・バラエティショー等、昨年よりは盛り沢山な内容で、皆笑顔いっぱいで参加していました。午後は、年長児がカレー作りやスイカ割り、花火大会等夏ならではの活動を思いっきり楽しんでいました。今年もお泊りはできませんでしたが、夜まで一緒に過ごす中で様々な活動を通して友達と協力したり、助け合う姿もみられました。
 コロナ禍の中ではありますが、子ども達にとって夏の楽しい思い出となったことと思います。
 
 
   7月29日(木)にほし組児が、「ブルーベリーファームじゅうおう」でブルーベリー狩りを体験しました。畑には大きくてきれいな紫の実をつけた木がたくさん並び、子ども達はその間を歩きながら一粒ずつ大切に実を摘み取り、新鮮なブルーベリーに大喜びでした。ほし組には一人ずつ、また園にもお土産をいただき、おやつの時間にみんなで美味しくいただきました。
 
 
   7月9日(金)にプール開きを行いました。天候が悪く、当日はプールに入る事ができませんでしたが、みんなでプール遊びの約束事を確認しました。翌週からは天気も良くなり、各クラスでプール遊びを楽しんでいます!水中で手足をバタバタと動かして水しぶきをあげ、園庭には子ども達の嬉しそうな笑い声がたくさん響き渡っています。これからの暑い季節、安全面に十分配慮しながら、水と触れ合う楽しさを感じていけたらと思います。
 
 
   7月8日(木)に音楽教室(和太鼓)があり、ほし組が参加しました。子ども達が緊張の中にも瞳を輝かせ、やる気に満ち溢れている姿をみて成長を感じました。これからの子ども達の成果を楽しみにして下さい。
 
 
   7月7日(水)に七夕まつり会を行いました。「願いが叶いますように」と各クラスとても素敵な短冊が完成しました。七夕の由来を聞き、ぺープサートを見て楽しみました。給食の時間には、星の飾りのちらし寿司やゼリーを美味しくいただきながら、七夕の雰囲気を感じることができました。
 
 
   7月1日(木)に北部消防署十王出張所の方が来園し、ほし組とつき組が花火教室に参加しました。あいにくの雨模様で遊戯室での実施となりましたが、花火についてのDVDを鑑賞し、正しい花火の遊び方について話を聞きました。これから花火で遊ぶ機会が増えると思いますが、ご家庭でも約束事を子ども達と確認し安全に配慮しながら、楽しんで頂けたらと思います。
 
 
   6月17日(木)交通安全教室
 日立市役所交通防犯課の方に来ていただき、ほし・つき組対象に交通安全教室を行いました。交通安全に関する約束事を再確認したり、園庭に設置した横断歩道や踏切で、渡り方を実演しながら指導していただきました。引き続き園でも『ピタッと止まる手を上げて右左右』を実践しながら、道路の横断等十分気を付けていきたいと思います。登降園の際には車に十分気を付け、お子さんと一緒に横断するようお願いします。
 
 
   6月15日(火)さつまいもの苗植え
 ほし・つき組児が近くの畑でさつまいもの苗植えを行いました。十王町農青連の方からさつまいもの育ち方等のお話を聞き、一本一本心を込めて植えてきました。普段あまり触れる事のない土の触感に歓声をあげ楽しそうでした。秋の収穫が楽しみです!
 
 
   6月10日(木)歯科検診(後期は11月を予定)
 さくら歯科の三野先生による歯科検診を実施しました。最近では、低年齢で虫歯のあるお子さんが増えています。乳歯は永久歯よりも虫歯の進行が早い為、治療せずに放置するとすぐに痛みが出て悪化してしまいます。虫歯が長引くと、永久歯の歯並びにも影響します。小さいお子さんはしっかり“仕上げ磨き”をし、お子さんと一緒に正しい歯磨きの仕方を確認しながら、虫歯予防を心掛けましょう。
 
 
  5月21日(金)音楽教室(和太鼓)・愛のお弁当日
 ほし組児が今年度初めて和太鼓の音楽教室に参加しました。太鼓練習の時間は、ふだんとは違う真剣な表情で取り組んでおり、講師の桜井先生から指導を受けてさらに意識が高まったようなので、これからの成長がますます楽しみです。また、この日は “愛のお弁当日”でした。子ども達は「卵焼き入ってるよ!」「デザート持ってきた!」と朝からお弁当の話で盛り上がっていました。お弁当箱のふたを開ける時の子ども達のワクワクした顔はとても可愛いです!お弁当の中身について、誤嚥防止の為、ミニトマトや大きなブドウなどは丸のままでなく小さく切り、ゼリーなどはカップや袋から別の容器(タッパー等)に移し替えて持たせて下さい。ご協力をよろしくお願いします。
 
 
   先日、ほし組児の活動として本園舎遊戯室前の畑に野菜(ナス・ミニトマト・ピーマン・パプリカ・オクラ)の苗を植えたり、新園舎園庭の植木鉢に朝顔やひまわりの種を撒きました。毎日、じょうろで水やりをしながら大きく育つのを楽しみに観察しています。野菜の収穫や花が咲くのが楽しみですね!
 
 
  4月30日(金)こどもの日祝い会
 子どもの日祝い会では、由来について話を聞いたり、各クラスで製作したこいのぼりを紹介した後、昔ながらの遊びを行いました。竹とんやけん玉はなかなか経験できない事もあり、興味津々で取り組んでいました。上手に出来ると嬉しそうな笑顔がみられました。又小さいクラスの子ども達も、しっぽとりゲームや散歩へ行き楽しく過ごしました。
 
 
  4月26日(月)音楽教室(ドリーム・ビー)
 ほし・つき・ばら組児が、歌とメロディオンの指導を受けました。基本的な発声方法等、体全身を使い楽しく遊びながら学んできました。ばら組児にとっては初めての音楽教室となり、ドキドキ・ワクワクな時間となった様子です。
 
 
  4月15日(木)避難訓練
 今年度1回目の避難訓練を行いました。今月は給食室より出火した事を想定し、第一避難所へ避難しました。中にはベルの音に驚き泣き出してしまう子の姿もみられましたが、職員間で連携をとりながら誘導し、無事に避難する事ができました。いざという時に命を守る為の大事な訓練なので、今後も引き続き様々な災害等を想定した訓練を行っていきたいと思います。
 
 
  4月1日(木)入園・進級式
 前年度同様に、コロナウィルス感染症予防策として、密にならない様クラス毎に会場を分け行いました。新しい友達の紹介や先生の話を聞いたり、手遊びや歌をうたいながら楽しく参加していました。ちょっぴり寂しくて泣いてしまった友達も、自己紹介では元気に自分の名前を言う事ができ、笑顔もみられました。
 
 

▲ページの先頭へ戻る